あなたのお口は大丈夫?歯周病の症状チェックのページ。自由が丘駅の歯医者なら、nicoキッズデンタルクリニック自由が丘

電話をかける
WEB予約
あなたのお口は大丈夫?歯周病の症状チェック

あなたのお口は大丈夫?歯周病の症状チェック perio column


歯ぐきの組織を笑わすレプリカ

自由が丘駅から徒歩4分にあります【nicoキッズデンタルクリニック自由が丘】です。

歯周病は自覚症状があまりなく、違和感を感じた頃にはかなり重症化しているケースが多い病気です。

今回は、ご自宅で行える歯周病のセルフチェック方法をご紹介しますので、早期発見のためにもぜひ参考にしてください。


歯周病とは?

歯周病とは歯と歯茎を支える歯周組織が炎症を起こしている状態です。歯周病を放置すると、歯を支える歯周組織が破壊され続け、最終的には歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

歯周病は一般的に、歯垢と歯石が蓄積することで発症します。日常的な歯磨きで取り除けなかった歯石が歯垢となり、硬化して歯の表面に付着します。歯石と歯垢が歯茎の周りに蓄積することで細菌が繁殖し、歯茎の炎症が起こります。


歯周病のセルフチェックリスト

以下のチェックに当てはまる症状がある方は歯周病の可能性が高いです。
一度、歯科医院を受診しましょう。

  • 起床時、口の中がネバネバする。
  • 歯磨きで出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯茎がかゆい、たまに痛い。
  • 歯茎が赤く腫れている。
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える。
  • 歯と歯の間に隙間ができ、食べ物が挟まる。

歯周病の主な症状

歯肉炎

歯周病の初期段階で、歯茎が炎症を起こし赤く腫れたり出血したりします。

歯肉炎は歯垢(細菌や食物のかす)が歯茎の周りに蓄積することによって起こりますが、正しい歯磨きや口腔ケアを行うことで改善が見込めます。



歯周炎

歯周炎は歯肉炎がさらに進行した状態です。歯茎と歯の間に深いポケットができ、そこに歯垢や細菌が蓄積します。

細菌が歯周組織に侵入することで歯根膜や歯槽骨まで破壊されていきます。

重症化すると歯が抜け落ちてしまうリスクもありますので、早期発見・早期治療を行うためにも定期的に歯科医院を受診ましょう。

歯周病を予防するために重要なポイント

子供

正しい歯磨き

歯磨きが不十分で残ってしまった歯垢は、時間が経つと歯石になってしまいます。しっかりと歯垢を除去するためにも、朝晩の食事後には必ず歯磨きを行うことが重要です。

歯間清掃を行う

歯間ブラシやフロスを使用して、歯と歯の間の歯垢や食物のかすを除去しましょう。歯間に蓄積した細菌を取り除くことが歯周病の予防に効果的です。

禁煙する

喫煙は歯周病のリスクが増加すると言われています。喫煙習慣がある人は歯茎の腫れや出血が抑えられ、歯周病の進行が分かりづらく、発覚時には重症化していることもあります。歯周病のリスクを減らすためにも、喫煙者の方は禁煙を検討しましょう。

生活習慣の改善

健康状態が悪い方、ストレスを溜めやすい方、食後に歯を磨かない方、よく噛まずに食べる方、このような習慣がある方は歯周病になる傾向が高いと言われています。生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

定期的な歯科検診

丁寧に歯磨きしているつもりでも、意外と歯垢は残っているものです。磨き残しで出来てしまった歯石は歯科医院でのクリーニングで除去することが可能です。虫歯や歯周病の早期発見にも繋がりますので、定期的に歯科検診へ行きましょう。


まとめ

歯周病は、普段から正しい歯磨きやケアを行うことで進行を防げる病気です。正しい歯磨き、歯間清掃、禁煙、健康的な生活習慣の改善、そして定期的な歯科検診が重要になります。

これらの予防策を実践することで歯周病のリスクを低減し、お口の健康を守ることができます。

今回ご紹介した歯周病チェックはあくまでも目安ですが、少しでも気になる症状がある場合は、自由が丘駅徒歩4分の【nicoキッズデンタルクリニック自由が丘】までお気軽にご相談ください。皆様の健康を守るお手伝いをさせていただきます。

当院の歯周病治療についてはこちら